いーじゅーわ~か~

30代企業内研究者の戯言

研究室選び 必ず一度訪問を

大学4年生になると、理系の場合は研究室に所属することになる。

今回は研究室を選ぶ前にやるべきことを2つ紹介する。

 

1. ホームページを見る

まずは大学で自分が所属する学科の研究室をインターネットで調べる。私が見ていたポイントとしては実績と学生の割合。

研究室によっては、ホームページを更新していない研究室もあるが、最近の実績(学会発表や論文投稿)がない?と勘ぐっていた。

学生の割合については、一人の先生に対して学生が何人着くことになるか、留年している学生がどれぐらいいるかを見ていた(自分が留年するのは嫌であったため)。

 

また、研究室によっては、卒業した学生の就職先を公開している。その中に自分が就職してみたい企業があれば、就職活動をする際にプラスになる。

 

2. 研究室を訪問

そして興味がある研究室が見つかったら、一度研究室訪問することを強くおすすめする(最近だとオンライン座談会が主流?)。

ホームページに書かれている研究内容がすごく魅力的だなあと思っても、いざ先生や先輩と会って話を聞いてみると、何か違う?となることもある。

 

アポイントは、研究室のホームページに記載されている連絡先にメールする。

「配属の前に一度見学してみたい」という趣旨を伝えれば、忙しい先生も意外と時間を作って会ってくれる。

 

訪問する場合、時間帯は午後3時ごろがおすすめ (午前中は学生もいないことが多い)。